新規会員登録はこちらからもどうぞ
225先物情報|株式情報 225J.com
  • トップページ
  • >
  • ほぼ完璧に読んでいるのに・・・  一言多いんですよね!!

225先物情報とは!! 私が20年余相場と向き合ってきて、多くの失敗・成功を繰り返し学んできたことを生かし、私独自の視点で相場を読む会員制の有料サイト<225先物情報>です。

現在、体調不良のため有料会員の登録は受け付けておりません。

2012年6月4日 14:50
元会員の皆様には突然のサイト閉鎖で大変ご迷惑をお掛けしました。
また、東日本大震災で被災されました皆様には心よりお見舞い申し上げます。
坐骨神経痛とヘルニアで自分でもビックリするくらい動けなくなってしまいました。
今も腰痛・耳鳴り等で苦しんでおります。
どうも原因は内臓のようです。
皆様もお体には十分気をつけてください。

さて、ほんの一部の古くからの会員様とはメールでやり取りをさせて頂いてましたが、相場の方が本日8250円と日経平均が年初来安値を付けてきました。
そろそろ買い場が近づいて来たかと思い2年ぶりにコメントを書いてみました。
先物の方は、もう一段の下落もあると思いますが、現物株は良いところまできていると思います。
中期・長期・年単位で見ても日本市場は大きな買い場にきていると思います。

同じ儲けを出すにしても、買いで利益を出せた方が気持ちが良いです。
相場の転機が近いように思いましたので、勝手ながらコメントを書いてみました。
尚、現在は有料会員の募集はしておりませんのでよろしくお願い致します。

ほぼ完璧に読んでいるのに・・・  一言多いんですよね!!


始値 高値 安値 終値 前日比
本日の日経先物 8350 8870 8240 8660 -140

日経225先物情報
22:45
今日は仕事休みたかったです。
先ずは昨晩のコメントと今朝のコメントから

””
22:30

さて明日ですが・・・

個人的には、今晩のNYも安く引けて、明日もマドを空け、下げて始まる気がしますがどうでしょう?

そう都合よくはいきませんね。
先ずは今夜のNYを見てみましょう!!

7:30
NYダウは8695 443ドル安です。
CME225は8370円で回ってきています。

さてここからが正念場です。
大統領選のお祭りも終わり、NYダウは直近の最安値目前となっています。
再び底割れしていくのでしょうか?

今日は・・・

大きく戻した後、マドを二つ空けて急落してきました。
(本日もマドを空けて寄り付くはずです)
ここから年内に、再度底割れしていくのか?
この押しの後、底割れせずに年内戻しに入っていけるのか?
重要な局面です。

私は押し目買いだと思います!!

先日の戻しで9300円を取ったことが効いてくると思います。
本来は、先物よりもこの場面では現物株買いの方がリスクが少なく取れそうな気がしますが・・・

本日の節目は8440円です。
CME225が8370円、寄りつき後、多少押す場面もあると思いますが、本日は買い場探しでいいと思います。

8440円を中心に取引をしたいですね。

先ずは寄り付を見てみます。

9:01
寄りつき前の気配と、現物株の気配を見ているともう少し下があるようにも見えます。
安いところを買った場合は、50円、100円で確実に利食いたいです。

寄りつき8360円です。
下は8100円台辺りまではあると思います。

9:10
個人的には、本日か、月曜日にとりあえずの下値を付けると思っています。
ただ、本日でないとすると、月曜日に一段安する可能性もあります。
今日は難しいかもしれません。

日中見ていられないので、リスクを取れる方だけ参加してほしいです。
あまり役に立たないコメントでごめんなさい。

9:30
先物・現物共に弱さを感じます。
仕事休んで見ていたいです。
現時点での買いは難しそうですね。

皆さんは無理しないで下さいね。

””
以上が昨晩からのコメントです。

今朝、場が開いてからのコメントを見ていただければ、慌てている様子が分かっていただけると思います。
私がいつも家を出るのが9時30分です。
今朝の9時半の段階では、もう少し下に行くように見えました。

外に出ると相場が見れなくなってしまうので、とくにコメントが慎重になってしまいます。
結局、10時前に8200円台を付け、反発に入りました。
余計なコメント(会員さんを動揺させるような)を書かなくても、前場8440円を超えたところで買えば、何の問題も無かったですよね。

なぜ8440円が節値なのか?
後場の押しが8450円までだったことを見ていただければ分かっていただけると思います。

問題は今晩のNYです。
注目したいですね。

さて週明けですが・・・

2008/11/07記事番号 326 この記事のURL